<< 【足利再審】この日もテープ再生始まる 午後からは元検事尋問 第5回公判(産経新聞) | main | <女性遺体>中国籍受刑者を遺棄容疑で逮捕 兵庫県警(毎日新聞) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.11 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


免疫不全の実験用ラット作製 京大チーム、世界初(産経新聞)

 免疫不全の実験用ラットの作製に、京都大学大学院医学研究科付属動物実験施設の真下(ましも)知士特定准教授らの研究チームが世界で初めて成功した。26日付(日本時間)の米科学誌「プロスワン」(電子版)に掲載される。免疫不全ラットは、これまで一般的に実験用動物として使われていた免疫不全マウスより体が10倍以上大きいことから、実験の効率が大幅にあがると期待されている。

 研究チームは、ヒト細胞内で悪影響を及ぼす特定の遺伝子の性質を破壊して健康状態にする治療法「ジンクフィンガーヌクレアーゼ」に着目。この治療法を応用して、逆にラット内で正常に働く遺伝子の一つを破壊し、免疫に異常のあるラットを作ることに成功した。

 ヒトのがん細胞を体内で素早く増殖させて、がんの新薬の効果を簡単に検証したり、免疫がなく体内に入る物質を拒絶しないことからiPS細胞を注入して効果的に培養するなどの研究に活用できそうだという。

 真下特定准教授は「今回の方法では、免疫不全ラットを4〜6カ月で数十匹作ることができる。今後、このラットでがん研究などの躍進が期待される」と話している。

【関連記事】
遺伝子の動き抑制法を開発 京大、がん治療やiPS臓器作成に道
iPS細胞使用の倫理性について論説発表 京大准教授ら
iPS細胞からの精子・卵子作製を解禁へ 文科省専門委が指針案
世界初、成人細胞でiPS 自身の組織で安全 山中・京大教授ら 
京大、iPS細胞で新特許2件獲得

<陸山会土地購入>中堅ゼネコン2社を家宅捜索 東京地検(毎日新聞)
小沢氏余裕「いつでも説明」 潔白と権力保持へ強気(産経新聞)
法科大学院14校、中教審が「問題あり」(読売新聞)
江戸の味でツリー下商店街を活性化(産経新聞)
<日本新聞協会>「ハッピーニュース」募集(毎日新聞)

スポンサーサイト

  • 2010.06.11 Friday
  • -
  • 21:09
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
リンク
カードでお金
即日現金化
借金整理
ネットビジネス
現金化
クレジットカード現金化 比較
selected entries
archives
recent comment
  • 鯨肉窃盗、環境保護団体2被告に懲役1年6月求刑(読売新聞)
    みっくみく (08/27)
  • 鯨肉窃盗、環境保護団体2被告に懲役1年6月求刑(読売新聞)
    ほんてり (01/19)
  • 鯨肉窃盗、環境保護団体2被告に懲役1年6月求刑(読売新聞)
    とろろいも (01/13)
  • 鯨肉窃盗、環境保護団体2被告に懲役1年6月求刑(読売新聞)
    ソルバルウ (01/03)
  • 鯨肉窃盗、環境保護団体2被告に懲役1年6月求刑(読売新聞)
    サキューン (12/29)
  • 鯨肉窃盗、環境保護団体2被告に懲役1年6月求刑(読売新聞)
    リョータ (12/25)
  • 鯨肉窃盗、環境保護団体2被告に懲役1年6月求刑(読売新聞)
    ポリエモン (12/20)
  • 鯨肉窃盗、環境保護団体2被告に懲役1年6月求刑(読売新聞)
    夜沢課長 (12/09)
  • 鯨肉窃盗、環境保護団体2被告に懲役1年6月求刑(読売新聞)
    ポロネーゼ (12/04)
  • 鯨肉窃盗、環境保護団体2被告に懲役1年6月求刑(読売新聞)
    ポコラーニャ (11/26)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM